ところで【めざす暮らし】は実現できたの?

この【まるごとブログ】は、【モノの少ない小さな暮らし】を求めて書いているブログですが

程々のゆるさでやっております。

数年前、断捨離に目覚めた頃は、寝ても覚めても捨てるモノを探しておりましたが、ある程度のところまできますと、そのペースは落ちましてね

今の我が家は、あまりモノを買わなくはなりましたが、ガツガツ捨てる時期は過ぎました。

スポンサーリンク



でもですね、最近思うのはそんなに突き詰めなくてもいいのかなってコトです。

我が家にはお客さま用のお布団2組、同じくお客さま用お座布団5枚・・・などと、普段全然使わないモノが、大きなスペースを占領しておりますが

嫁入り道具ですから、実家の母が存命のうちは、このままにしておくつもりですし、この部分は聖域として考えております。親のココロですからね。

想い出の品なんかも、今年はムリでも、翌年はOKだったりするので、その辺はあまりガンコに考えずに進めています。

そんな事情って割とどこのご家庭にもあったりなんかすると思うんですよ~全然使わないから捨てちゃえばスッキリするけど、いろいろあって捨てるのは後ろめたいみたいな。

だったら処分出来る時が来るまで、待っていても全然いいと思うんですね。慌てることもないですから。

それらの事情がデリケートなモノたちに着手する前に、自分で買ったもの、捨てても誰にも文句も言われない、後ろめたくもないところからジャンジャン片付ければいいんですよね。ワタクシはそうしました。

今現在、我が家はそこそこスッキリして、結構いけたなってところまできていますが、課題もあります。どうしようか考えているモノや場所もあります。

『これ捨てよ』って思って目につくところに出しておいても、数日後には気が変わって元の場所へ仕舞う・・・そんなことも度々ですが

自分たちが心地よいところをめざす方向は、今後も変わらず進めていこうと思います。

何にもないガランとしたミニマリストのお部屋を、ストイックですごいなぁ とも思いますが

心地よさはヒトそれぞれ。試行錯誤をしながら自分の快適を探すのもまた楽しいですよね。お買い物の失敗もまたお勉強です。

めざすのは【モノは少ないけれど、あるモノはお気に入りばかり】・・・そんな暮らしですが、買い替えだってお金がかかることですし

今後もコンパクトでミニマムは掲げたい・・・まだ道半ばですねぇ

そんなミニマリスト志望なワタクシです。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事