モノを大切に長く使うとバツを受ける?自動車税【重課適用】。

 
昨日、自動車税の納税通知書が届きました。

我が家には普通乗用車2台に、キャンピングトレーラーがありますので、納税通知書は3枚もきちゃいます。

スポンサーリンク



 
その中で昨年より税額が¥6,000ほどお高くなっている車がありましてね・・・同じ車なんですけど。

えっ、と思って同封されている、自動車税について書いている用紙を読んでみると

新車で登録されてから13年を超えてくると【重課適用】となり、税額が15%アップするんだとか・・・

燃費の良い、環境にやさしい車を減税する代わりに、こういった古い車は税率を重くする措置だとのコト。これは平成14年から実施されているそうです。

恥ずかしながら、ワタクシ知りませんでした・・・そんな車に対しての法律(これは特別措置らしいですが)があったなんて。

モノを大切にして長く使って、言葉は悪いですがこういった【バツ】が与えられるなんて、ちょっとショックです。

でも仕方ないですよね、法律でそう決まっているなら。

この車は、夫が使っている車なんですが、モトをたどればワタクシの弟が、新車の購入を機に手放す際、我が家に譲ってくれた車です。

昨年ぶつけられて修理をしましたが、まだまだ絶好調で、これからも大切に乗り続けるつもりでいます。

ここへきて税金がお高くなる予想外(税法を知らずにいた為)の展開となりましたが、そんな【バツ】にも負けないでいこうと思います。

我が家は今、人気のハイブリッドや低燃費車などを購入して、環境にやさしくする取り組みに協力できないので、せめてお高い税金を払うってことで、ちゃんちゃんってことになるんですね~

それにしても厳しい世の中です。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事