過去に拘り手放せなかったブランド品を処分・・・大切なのは今とこれから。

 
使っていないモノは処分する・・・小さな暮らしの基本中の基本です。

お高かったブランド品も使っていないモノはドンドン処分してきたのですが、なぜだか手が付けられずにいたモノがあります。

【ルイ・ヴィトン】のミニスピーディーと名刺入れ。

ミニスピーディーは使い込んでましてね~購入から25年経過・・・最近は触れられることもなく、クローゼットの棚にポツンとおりました。

名刺入れは9年ほど前の購入で、とても気に入っていたのですが、お仕事を辞めてからは出番もなく、これまたドレッサーの引き出しにそっと仕舞っておりました。
 
スポンサーリンク

 
 
でも覚悟を決めましてね・・・この2点、処分することにしました。

ヤフオクも考えましたが、最近は出品もしばらくしていませんでしたし、なんだか勘も鈍った気がいたしますので、簡単ラクラクなブランド品買取店に持ち込みました。

付いたお値段は、ほぼワタクシの予想通り。。。

それ以上お安かったら、引き取ってこようと思っていましたが、きれいサッパリ処分ができました。

どちらの品も使っていないのに、処分が出来なかったのはどうしてだったんだろう。
なにに、どこに拘っていたんだろう。

今は処分して、手元からなくなって、さびしいどころかもっと早くやっときゃよかったって思います。

 

■ 【ルイ・ヴィトン】が化けたモノ

この2点を買取していただいて、その足でワタクシスーパーに向かいましてね

買取金額の一部をつかって、すき焼きの材料を買ってきました~今夜のお夕食は【すき焼き】。買取金額の十分の一くらい使っちゃいましたよ。

もの凄いお高い牛肉ではありませんが、ちょっとだけいいお肉を奮発したのですが、
【ルイ・ヴィトン】が化けたお肉はきっとおいしいに違いありません。

今夜が楽しみだ。

 

■ 処分のあとの爽快感

使っていないブランド品を処分して、ワタクシの今の心境は爽快。

昨日までの処分できなかった自分が小っちゃく思えます。

ミニスピーディーが処分できなかったのは、自分がブランド品を買いはじめた若かりし頃を、名刺入れが処分できなかったのは、名刺入れを使ってお仕事していた頃を、
自分の過去の栄光みたいに思ってたのかなぁ。。。

だとしたら、かなり恥ずかしいのですが。

年齢も、お仕事も過去は過去。大切なのは今とこれからです。

ブランド品はステキだけど、この2点の処分は正解・・・そうキッパリ思えます。
 
 

おすすめの関連記事