【買う】【売る】【借りる】・・・3点攻めの読書術。

 
久々に【ブックオフ】で本をお買取りしていただきました。

12冊で¥1,060-のお買取り金額。

 
スポンサーリンク

 
 
査定を待つ間、店内ブラブラしていて

1行バカ売れ (角川新書)を見つけて購入。
中古価格¥560-でしたので、売って買って結局差引き¥500-のプラスとなりました。

この本を読んだある有名ブロガーさんが『手元に置いておきたくなる本』とおススメされていて、前々から買おうと思っていた本でしたので、中古本をお安く手に入れられてラッキーでした。
 
 
ワタクシ、本屋さんにも図書館にもよく行きます。

前もって得た情報からお目当ての本を探したり、おもしろそうな本ないかな、と特別なあてもなくブラブラしたりとその時々ですが、本屋さんも図書館もワクワクして探検のよう。ホント楽しいです。

世の中にはた~くさんの本がありますが、ワタクシが手に取っている本なんてその中の極極々一部。
一生涯に出会える本なんて、世の中の本全体の数からいったら、見えない穴くらいなものなんでしょうね。

その極わずかな出会う本の中で、手元に置いていきたいと思うえる本との出会いって貴重です。

そんな本に出合うとラッキーと思いますし、その本が図書館で借りたものなら、即本屋さんでかネットで改めて購入します。

反対に購入しても、1回読んでもういいや、と思った本はしばらく寝かせてから、ある程度の冊数がたまったら【ブックオフ】へというコトになります。

ここまで書いてからなんですが、ワタクシ電子書籍って持ってません・・・。たぶんこれからも、このまま食わず嫌いのまま紙の本を愛好し続けるな、きっと。

いや、でもそんな断言して大丈夫かな・・・心変わりして電子書籍ってステキって記事を、舌の根も乾かないうちに書いちゃってたりして。

でもどんな形でも読書は楽しい。

これからも買う、売る、借りるの3点攻めで、読書を楽しんでいこうと思います。

ちなみに、今ワタクシが手元に保存している本は10冊ほど・・・本棚もないです。
 
 

おすすめの関連記事