独身時代の【しくじり】から学んだ、我が家の臨時収入(ボーナス)の仕分け方。

本日我が家にもたらされたのは

うれしい臨時収入(ボーナス)。

それは夫の勤務先からの【決算手当】なるものなのですが

ここ数年夫の勤務先は業績が良く、この時期はちょっとお楽しみではあったりなんかして。

本当にありがたく感謝、感謝で、ちょっとばかり浮かれております。

スポンサーリンク



こういったボーナス的な収入(夏季ボーナス、冬季ボーナス、決算手当)があった際には

【夫に支給金額の1割を支給する】

と決めています。

2年ほど前までは、夫への支給すらなく、全額貯蓄という鬼の様なシステムでしたが、さすがにねぇ・・・反省しております、はい。

ですので、今日ワタクシは朝一で銀行へ行き、振り込まれていた決算手当を全額引き出し

 
夫が帰宅後、お着換えをするお部屋のタンスの上に

 

 
このようにしておきました。今回の夫への支給分です。
そうそう『お疲れ様』の付箋、貼らなくちゃ・・・。←これも恒例(笑)

夫はこれをお財布にそっと収めるのでしょう。。。

 
そして残額はといいますと

全て貯蓄。

こういった流動的な臨時収入は、業績が思わしくなければ減ったり、なくなったりしますから

決してあてにしてはいけません。

ボーナスと決算手当をいただいたら

まず

【感謝】

そして

【夫に1割支給】 【あとは全て貯蓄】

 
これが済んだら、いただいたコトはきれいサッパリ忘れて、普通の暮らしをつつがなく送る。

独身時代、ボーナス払い連発で散々痛い目を見てきたワタクシの、しくじりから学んだ教訓です。

 

スポンサーリンク



おすすめの関連記事