【アラフィフ】が選んではいけない洋服。

 
【アラフォー】とは40代全般のこと・・・最近までそう信じていたワタクシです。

違うんですね・・・【アラフォー】とは40歳前後のことだそうで、40代後半のワタクシは、既に立派な【アラフィフ】だと知り、かなりなショックを受けています。

でも、それが現実です。正面から受け止めなければ。。。

スポンサーリンク



そんな【アラフィフ】なワタクシは、結構前から洋服選びに色々と悩んできました。

スカスカのクローゼットになるほど、洋服の断捨離を断行し、洋服を極たまに買うくらいなミニマリスト的な暮らしをしているつもりですが、それでもおしゃれはしたいですから。

でも年を重ねる毎に、おしゃれの難しさを感じます。

若い頃は、本当になんでも似合いました。安物だってお肌のハリとツヤさえあれば、自分のモノにして着こなせましたし、なんでもありで自信満々でした。

わざとダメージのある洋服を選ぶのも、楽しかった。

でも、それも40代に突入する頃から、そんな着こなしに、なんだか違和感を感じはじめましてね

なぜだろ~どうしてだろう・・・よくよく自分と洋服を観察して考えてみましたよ。

それで、ちょっとわかったことは、年齢とともに進むお顔のダメージが、そこに大きく関係しているなってコトでした。

どんなにがんばってケアをしても、年齢とともにお肌は老化します。シワは増え、シミ、くすみがジワジワとどこからともなく攻めてきます。

そんなお顔に、同じくたびれたダメージ加工や、くすんだお色の洋服をもってくると、お顔のくたびれ加減やくすみ具合をいっそう際立たせちゃうんですね。

ちょっと【ばっちい感じ】とでもいいましょうか、なんといいましょうか、それはとても残念な感じになってしまうんです。

ワタクシとっくに、ダメージ加工のジーンズやシャツは捨てました。そういえば、夫も最近はキレイ目のジーンズを穿いていますねぇ。

お顔にハリやツヤがない分は、洋服でハリツヤを補う・・・打ち消し合って目の錯覚の作戦がポイントかも。そんなふうに思います。

ワタクシの最近のお出掛け着は

もっぱらホワイトジーンズに、ニット。

ホワイトジーンズは一点の汚れもないように

ニットは、100均の毛玉取り器で、しっかり毛玉をとって・・・そう【清潔感】が命です。

若かった頃を懐かしくも思いますが、今は今で、自分になにが似合うのか、何が良いのか考えて、知恵の勝負でおしゃれを楽しみたいと思っています。

スポンサーリンク



おすすめの関連記事

2 件のコメント

  • すごくわかります。
    私もダメージ加工のあるTシャツとか着られなくなりした。
    キレイ目を常に心掛けてます。
    ちなみにアラフォーです。

    • さち 様
      こんにちは(^^)
      さち様もそう思われますか~。

      外すおしゃれは難しくて、キケン・・・
      年々、そんな思いが強くなってきました。
      キレイ目、清潔感を心掛けて
      痛くないおしゃれ、研究していきたいですね。

      エリバ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です